【2018-2019年時点】Macとプロポを接続できるUSBケーブルを買って、Liftoffのコントローラーにする方法

どうも、サカモトです。

 

ドローンシミュレーター「Liftoff」を20%オフで購入したので、いよいよドローン練習を本格化させたいと思っています。

本番と近い環境で練習を行いたいため、僕が持っているプロポ「フタバ6K」とiMacを接続できるUSBケーブルを探し始めました。

 

ところがこれが難航を極めまして、プロポとMacを接続できるUSBケーブルの情報が、本当に、全っっっ然ないんですよ。

あったとしても古い情報ばかりで、既に在庫切れやsold outになっているものがほとんどでした。

 

自分で探すしかないなと考え、調べに調べて購入してみたら、運良く一発目で接続できたのでご報告します。

Amazonで見つけました

僕が見つけたUSBケーブルはこちらです。

 

価格は1430円、かつ送料無料と、他のUSBケーブルと比較してかなりお買い得です。

他のUSBケーブルは付属のCDなどがついているため2000-3000円台のものが多いのですが、こちらの商品はUSBケーブルのみとシンプルなのが、価格の安さにつながっているのでしょう。

僕はLiftoffができればあとの機能は必要なかったので、この商品で十分でした。

使い方

早速届いたので開梱します。

袋の中には、それぞれ別の端子がついた3本のケーブルと、

USB、USBと接続するケーブルが入っています。

今回使用するのは、最初の3本のケーブルのうち、四角い端子がついたケーブルです。

このケーブルの黒い方を、プロポの裏側にある端子を挿す場所に挿します。

こうなります。

そしてプロポに接続したケーブルの逆側の赤い方を、USBと接続した長いケーブルと接続します。

そしてUSBをMacに接続します。

接続すると下の画像のように青いランプがつきます。

これで準備は完了です。

 

あとはLiftoff側でプロポのキャリブレーションを行えば、手持ちのプロポをLiftoffのコントローラーとして使用することができます。

キャリブレーションの方法は、以下の動画が参考になりました。

 

こんな感じになりました。

迷っている人は在庫があるうちに購入を!

今回僕はたまたま一発目でMacと接続できるUSBケーブルに出会えましたが、よく調べてみると、何度も買い直してようやく自分のPCと接続できるケーブルに出会う方もいらっしゃるようです。

また、ドローン業界は動きが非常に早く、現時点で在庫がある商品も少し経つとなくなる場合も多いです。

 

今回ご紹介した商品は、僕が調べに調べた結果ようやくたどり着いた商品ですが、記事作成時点では在庫があるので、USBケーブルを買おうかどうか迷っている人は、今のうちに買ってしまうことをおすすめします。

価格も1000円台なので安いですしね。

 

一緒にシミュレーターで練習して操縦をうまくなりましょう!

ではでは。

 

ドローンシミュレーター「Liftoff」が今なら20%オフで買えるよ!

どうも、サカモトです。

 

ゲームプラットフォーム「Steam」で、毎年恒例のウィンターセールが始まりました!

今ならドローンレースシミュレーターの「Liftoff」が20%オフの¥1584で買えますよ。

ドローンレースの練習には最適

実は過去にドローンレースの練習としてよく使われるシミュレーターを徹底比較した記事を書いたとき、個人的にはLiftoffが一番いいと結論づけたんですよね。

過去記事:FPVドローンレースに使えるシミュレーターを徹底比較してみた

 

なぜなら、Liftoffはコースや機体のカスタマイズの種類も詳細まで作り込まれている上に、飛行のリアルさも十分なレベルであると評価されていたからです。

コースや機体がカスタマイズできるので、様々なシチュエーションにおける練習が可能です。

さらに、飛行のリアルさは操縦スキルの向上において非常に大事な要素です。

 

このように総合的に判断をして、Liftoffが最もいいシミュレーターであると考えました。

セールは2019.1.3まで!

Steamのセールは、2018.12.21から2019.1.3までです。

購入を検討していた人は、この機会に買っちゃいましょう!

僕も今から購入手続きを進めます。

 

Liftoffのページ→Liftoff: FPV Drone Racing

 

 

ではでは。

 

無個性であることを選ぶ

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

 

現在は個性が重要な時代だと言われます。

学校では個性を伸ばすという名目で様々な教育が行われていますし、会社では個性的な社員を採用する動きが高まっています。

 

確かに、集団において人より秀でたり目立ったりするためには、個性が重要なときはあります。

 

しかし僕には、人々が個性個性と言われ続けた結果、どんどんつまらない方向に進んでいっているように見えます。

もっと「無個性であることを選ぶ」という選択肢があってもいいと思うのです。

個性とは何か

そもそも個性とは何でしょうか。

 

デジタル大辞泉で「個性」という単語を調べてみると、

個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。

という意味だそうです。

 

このことから、人が個性を持つには、自身に備わった特有の性質を見出すことが必要だと分かります。

 

しかし今世の中で求められている「個性」は、本当にこのことを指しているでしょうか。

僕はそうは思いません。

 

例えば学校で育てようとしている個性のことを考えてみましょう。

個性を発揮する材料として、絵や作文や話し合いなどが用いられる場合があるでしょう。

ここで求められる個性とは何でしょうか。

僕は「学校が良いと認める範囲内で、他の人とは異なるアウトプット」だと思います。

 

本来、個性に良い悪いはありません。

その人自身の特質は全て個性なので、例えば「モラル的にはアウトだけど個性的」ということは十分にあり得ます。

しかし学校では、「モラル的にアウト」であれば、その多くは認められません。

あくまで大人が良いと認める範囲内でのみ、個性が求められるのです。

 

このことは学校に限らず、会社や社会でも同様のことが多く見受けられます。

というか、個性を求める場面のほとんどは、この例の御多分に漏れていないように感じます。

 

このように、僕たちが求められている個性は、本来の意味から非常に遠ざかっています。

今求められている個性は、意訳すると「良い子ちゃんの範囲で他の人とは違いを出してね」という、全然おもしろくないものに貶められているのです。

無個性を選ぶということ

これが、僕が無個性であるという選択肢があってもいいんじゃないか?と考え始めた理由です。

 

今求められている個性は、誰か偉い人が決めたルールの範囲内で、他人と異なることを求めるものです。

過去の成功体験や、偉い人の価値観などの何らかのルールが背景にあり、その範囲に収まるものしか認められないので、本当に個性的なものは出てきません。

その中で個性を求めるほど、他の人と同じ、画一的なつまらない人間になります。

 

また個性的でありたいと願う人間ほど、中身のないつまらない人間であることが多いと感じます。

個性的でありたいと願う人間は、自分以外の何かになりたいという願望が強く、最も個性的ではありません。

 

となると、実は無個性であることを選び取った人たちの方が、地に足がついている立派な人たちなのではないか?

最近そう思うようになったのです。

 

実は無個性であろうと決めることには、かなり勇気がいります。

何かに秀でようとせず、誰かに勝とうとせず、今の自分を受け入れて生きていくということは、非常に大きな決断です。

それにも関わらず、無個性であることを貫き通せるということは、他者の価値観に揺さぶられることがない、確固たる自己を持っている証拠でしょう。

その確固たる自己を持っている人こそ、翻って、非常に個性的な人だと、僕は思います。

「個性が欲しい」と思っている人よりもずっと。

 

このような理由から、僕は「無個性であることを選ぶ」人が、世の中に増えてほしいと思っています。

そして自分を「個性がない」と蔑んでいる人たちには、「それを卑下する必要はないんだよ」と伝えたいのです。

個性を求める無個性な人々

一方、僕が一番嫌いなタイプの人は、「自分の個性を、既に個性的だと世の中に認められている人に言い寄ることによって得ようとする人」です。

このタイプの人たちは、個性を持ちたいと人一倍熱望しながら、それを自分の手で手に入れる努力を怠り、有名人や役職者に近づくことによって得ようとします。

 

前に述べた通り、個性とはその人自身の特質のことです。

そのため、個性を求めるならば、他者と自分との比較を粘り強く続け、自分にしかない物の見方や能力を見出すしか方法はないはずです。

 

TVやネット上の有名人をよく観察すると、その人は他の人とは明らかに異なる特質を持っていることに気づきます。

「この人と言えばこれ!」という特徴を指摘することができます。

その特徴の多くは、その人が人生を通じて見出したものです。

特徴を発見するまで、その人は並々ならぬ観察力を自身と他者に向け続けていたのでしょう。

 

このことを理解せずに、上記の人々は、簡単に個性を得ようとして、既に有名になっている人々に近づくことによって、自身の個性を得ようとします。

その行動は、他の人の個性を間借りしようとしているだけなので、個性本来の意味からはるかに遠いものです。

これらの人々は永遠に個性を獲得することはできないでしょう。

個性は楽して得られるものではないのです。

 

僕は今ブームになっている、有名人がやっている有料サロンが大嫌いなのですが、その理由は今書いた内容で説明がつきます。

いい大人が虎の威を借っていい気持ちになっているんじゃない。

自分の頭で考えて、自分の手で世の中に自分の価値を認めさせろよ。

そう言ってやりたいです。

「個性ゲーム」から降りる

重要なのは、無個性であることを「あえて選ぶ」ことです。

「何となく生活していたら、他の人と一緒になっちゃった」という状態は理想的ではありません。

 

そうではなく、意図的に無個性であることを選び取ることが、世にはびこる「個性のゲーム」から降りるために必要なのです。

それが、「個性的であろうとする無個性な人々」から自分を切り離す唯一の手段だと思います。

 

ではでは。

 

【フタバ】ドローン用プロポの初期設定はこの動画だけで出来る

 

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

 

僕のようなラジコンも触ったことがない人が一からドローンを始めるとき、プロポの設定はとてもハードルが高いです。

そもそもプロポがコントローラーだということを知らないし、ボタンやレバーは意味不明だし、何から始めればいいのかてんで分からない状態だと思います。

 

まさに僕がそうだったのですが、そんな僕でもこの動画を見て真似することで、プロポの設定を完了させることができました。

マイクロドローンの作り方【後編】

 

この動画はひとつひとつ丁寧に設定方法を説明してくれているので、全くの初心者でもどうすればいいのか理解することができます。

僕が持っているプロポはフタバの6Kなので動画で出てくるものとは違うのですが、設定方法はほとんど同じでした。

フタバのプロポならこの動画のやり方に従えば問題なく設定できると思います。

 

「正真正銘の初心者なのでプロポの設定方法が全く分かりません」という方は動画のやり方に沿って設定してみてください。

きっとドローンを飛ばせるはずです。

 

ではでは。

 

ドローン設定時にPCと接続するUSBケーブルはどれがいいのか?

 

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

 

ドローンを購入した後、ファームウェアのアップデートなどを行う際、PCとドローンをUSBケーブルで接続する必要があります。

しかし、どんなUSBケーブルでもいい訳ではなく、接続できるものとできないものがあります。

接続できるUSBケーブル

「充電と通信の両方に対応したもの」です。

 

例えば僕はこのUSBケーブルを使っています。

800円弱で購入できるのでお買い得です。

念のため、購入前にドローン側のUSBケーブルのコネクタの形状を確認しましょう。

参考:こんなに有る!USBコネクタの形状と種類一覧。TypeA、TypeB、Type-C、Mini、Micro…規格解説

 

僕が持っているTiNY6はMicro Bでした。

同じMicro Bであれば、上でご紹介したコネクタで接続できると思います。

接続できないUSBケーブル

「充電のみに対応したもの」です。

 

上記のUSBケーブルを買う前に、家にあった

  • Kindle Paper White用
  • モバイルバッテリー用

の2つのUSBケーブルで試してみたのですが、どちらもドローンとPCを接続することができませんでした。

 

最初は理由が分からず途方に暮れていたのですが、ドローンを購入したショップに問い合わせてみたら、「充電用のケーブルをつかっていませんか?」と指摘を受け、理由が判明しました。

 

これから初めてドローンを設定する方は、充電と通信の両方に対応したUSBケーブルを持っているか確認した方がいいですよ。

僕のように思わぬところでつまづいてモチベーションを挫かれませぬよう。

 

ではでは。