松田町で河津桜

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

西湘に住んで良かったと思うことのひとつに、春の訪れが早いことが挙げられます。

梅や桜の開花が早いので、一足早く春を満喫できます。

色彩の乏しかった長い冬が終わり、パステルカラーの花々がぽつぽつと顔を出す。

頰を撫でる風も少しずつ暖かく柔らかくなり、肌の緊張も緩む。

ささやかな幸せを感じられる瞬間です。

春は植物の芽やつぼみが「張る」ことから「春」と名付けられたそうですが、今はまさにそれを感じられる贅沢な季節です。

そんな春を迎えにいくため、河津桜を見に行きました。

とは言っても、場所は河津ではなく、松田町です。

まつだ桜まつり

河津まで行ってもよかったのですが、赤子連れなので無理せず、神奈川で河津桜を楽しめる場所を探すと、松田町に格好の場所がありました。

その名も「まつだ桜まつり」。

場所は松田山ハーブガーデンのところです。

神奈川で河津桜を見られる場所は珍しいとはいえ、田舎だからさほど混まないだろうと思いきや、周辺は渋滞。

駐車場に入るまで20分くらい要しました。

少し待って、駐車場料金1000円を払い中へ。

菜の花と河津桜

山の斜面に散歩道がジグザグに敷いてあり、そこを下りながら桜を見る形式でした。

今年の初桜でしたが、やはり桜はいいですねー。

河津桜はソメイヨシノと違い色が濃くて、それだけだと強い色彩にたじろいでしまいますが、同じく色の強い菜の花と組み合わさることによって、うまく調和が取れるように思います。

ちまきがやたら美味い

そしてここに来たらぜひ食べていただきたいのが、出店で売っているちまきです。

ひとつ500円なのですが、やたら美味いのです。

お米はもちもち、中に入っている角煮はほろほろ、味付けも絶妙。

今まで食べた出店のちまきの中で一番美味しかったです。

写真を撮り忘れたのが無念…

2020年の春にまた

今年のまつだ桜まつりは3/10で終わってしまったので、次は来年です。

僕もきっと来年も行くと思います。

次のメインは桜じゃなくてちまきですかね。

冒頭の「春」は「張る」から名付けられたという下りは、以下の本で学びました。

日本の花鳥風月について四方八方から学べる貴重な本です。


花鳥風月の科学 (中公文庫)

ではでは。