人生に、音楽は「一曲だけ」あればいい

どうも、サカモトです。

この前ふと「これまで数千、数万の音楽を聴いてきたけれど、自分にとって本当に必要な音楽ってどれくらいあるだろう」という考えが頭をよぎりました。

しばらく考えた結果、答えは「一曲」だけでした。

自分の本質を捉えた曲

普通の音楽の好みとして、まず好きなジャンルがあり、そのジャンルの中でも好きなミュージシャンが何人かおり、そのミュージシャンの曲の中でも好きなものが何曲かある、という方が一般的なように思います。

僕自身もずっとこのような音楽の聞き方をしていました。

しかし、自分にとって特別な曲が一曲だけあります。

その曲は中学2年生の時に知り、ハマりにハマってしまい、その後1年間はその曲の入ったアルバムだけを聴き続けていました。

以来、現在までの18年間、ずっとその曲を聴き続けています。

人生の半分以上、この曲を聴き続けていることになります。

その他の曲は、しばらくハマっていても次第に聞かなくなってしまい、終いにはその存在を忘れ去ってしまうのに、なぜかその曲だけはふとした瞬間に聴きたくなるため、いつもプレイリストの中に入っているのです。

そしてその曲が流れると、初めて聞いた時と同じように、今でもいい気分になれるのです。

おそらく、この曲が「自分の本質を捉えている」からだと思います。

毎日を過ごしていると、たまに自分が大切にしている価値観や理想像が分からなくなる時が、誰にでもあると思います。

そんな時、この曲を聴くと、自分がどのように人生を送りたいのかを思い出せるのです。

人生の半分以上この曲を聴き続けているので、自分の本質が先にあってこの音楽がそれを表現しているのか、この音楽が好きだから自分の本質が影響を受けたのか分からないくらい自分に溶け合っているのですが、何にせよ自分の原点を思い出させてくれる曲なのです。

僕は、人生はなるべくシンプルにした方が豊かになると思っています。

そのため、聴く音楽もなるべく絞っています。

それが究極に近づいて、例えば「無人島に一曲だけ持っていく曲」を尋ねられたら、間違いなくこの一曲を選ぶでしょう。

あなたにもそんな曲はありますか?

ここまで敢えてどの曲か言わずに書いてきましたが、最後に示して終わります。

その曲とは、

DragonAsh 「静かな日々の階段を」

です。

 

あなたにも、自分の本質と溶け合うくらい大切にしている曲はありますか?

あったらぜひ教えてください。

 

ではでは。