Audibleで伝説のラジオ「松本人志(@matsu_bouzu‏)の放送室」を無料で聴きまくる

 

最近、育児中の暇な時間に、「Audible」でしこたま音声を聞いています。

 

Audibleは「耳で本を聞く」ことができる、本の朗読サービスです。

イケハヤさん(@IHayato‏)も最近ブログで書かれているように、今注目が集まっています。

 

耳で聞き流すことができるのが育児にとても合っていたので、他にも面白そうなコンテンツがないか探していたら、無料でいいのを見つけました。

伝説のラジオ番組「松本人志の放送室」

これねー、本当におもしろいんですよ。

子どもを抱っこしながら散歩しつつ聴いているのですが、しこたま笑っています。

今9話まで聴き終わりました。

 

このラジオは、2001年頃に、ダウンタウンの松本人志さんと放送作家の高須光聖さんの二人がパーソナリティを務めておられたラジオです。

まだ結婚もしておらず、筋肉もムキムキでなかった松本さんの当時の話を聞くことができます。

 

この番組の魅力は、松本さんの人柄に触れられることです。

小学校1年からの幼馴染である高須さんとのラジオの中だからこそ滲み出る、TVでは見れない松本さんの本音が、このラジオでは聴くことができます。

松本さん自身が「このラジオはかなり素やな」と言っているのもうなずける内容です。

 

松本さんは、Amazonプライムビデオの「ドキュメンタル」や「Freeze」などで先進的な笑いを開拓し続けているイメージがありますが、当時からかなり尖った思想の持ち主だったということが分かります。

政治や交通ルール、はたまた携帯電話の機能など、笑いとは関係がないトピックに対しても自分の考えをガンガン主張しています。

 

そんな尖ったイメージがある一方で、意外にも、いろんなことに対して繊細で思慮深く真面目だということが、このラジオを聴くと分かります。

 

普段は尖ったイメージが強く前面に出ていますが、後者のような、どちらかというと女性的な側面があることを知ったことで、ぼくは今までよりも松本さんのことが好きになりました。

 

そして一番好きなのは、松本さんという生粋のクリエイターが、どのような考えを持ちながら仕事に取り組んでいるかを聴けることですね。

普通はなかなか知ることができない、一流のクリエイターの頭の中が覗けるまたとない機会だと思います。

今なら無料で聴けるよ

「松本人志の放送室」は、Audibleに登録している人なら無料で聴くことができます。

シーズン3まで出ていますし、ひとつの音源が1時間弱あるので、かなり長い間楽しむことができますよ。

 

一流のクリエイターの思想を楽しく学ぶことができるので、本当におすすめです。

この機会にAudibleに登録しちゃいましょー。

 

ちなみにぼくは、もっと松本さんのことを知りたくなったので、昔ベストセラーになった『遺書』を含むこの本を買ってしまいました。

育休中は松本漬けになってやろうという所存です。

 

ではでは。