美味しいレトルトカレーなら「ゴーゴーカレー」一択でしょ

 

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

 

時間や材料がないときのレトルトカレー、最高ですよね。

でもどれもそこそこ美味しいので、「究極の一択」を選び切れていなかったのです。

 

そう、「ゴーゴーカレー」のレトルトカレーに出会うまでは。

カレーが好きすぎる

何を隠そう、ぼくは自他共に認める無類のカレー好き。

一人暮らしのときは平日は毎日カレーという日々もありました。

 

カレーの味にはそれなりにこだわりがあり、自分でスパイスを買ってきていろいろ混ぜてみたり、チョコやコーヒーを混ぜたりして独自の味を作っていました。

友達にも好評で、みんなを家に呼んでカレーパーティーなんかをしたこともあります。

 

こういう本を読んで研究していました。

チェーン店なのに美味しい「ゴーゴーカレー」

そんなぼくが、チェーンのカレー屋で結構な頻度で行くところがあるのです。

それがゴーゴーカレー

ゴリラのマークが人目を引くあのカレー屋さんです。

スクリーンショット 2016-01-16 18.27.55

実は日経トレンディで開催されたカレーチェーン選手権では、ルー部門・ライス部門・カツ部門の3部門で3冠を達成したほど美味しいカレーを出すお店なのです。

 

カレーの写真を見ていただければ分かるのですが、ルーがかなり濃いめです。

口に入れた瞬間、ソースとルーのダブルパンチが効いてきます。

この味は他のお店で出会ったことがなく、ここでしか食べられない味です。

小田原のゴーゴーカレーはよく行ったなぁ。

スクリーンショット 2016-01-16 18.28.26

シャバシャバのルーじゃなくて、濃いめのルーのカレーが好きな人はきっと好きなカレー屋さんです。

ゴーゴーカレーがレトルトを出した!

そんな大好きなゴーゴーカレー、実はレトルトカレーを出しています。

実家に帰ったときに、ぼくのカレー好きを知ってか知らずか、兄がこれを結婚祝いでプレゼントしてくれました。

 

結婚祝いがゴリラということで少し複雑な気持ちもありましたが、それよりもゴーゴーカレーが好きという気持ちが勝ちました!

IMG_9288

 

早速実食。

作り方は他のレトルトカレーと変わらず、パウチごと熱湯に入れて3-5分温めるか、他の容器に移し替えて電子レンジで温めるだけです。

IMG_9291

“濃厚なカレールーですので、ルーとごはんの割合は1:2がおすすめです。”」と書いてあるあたり、かなり期待できます。

 

さあさあ、出来たので器に盛ります。

IMG_9289

このときほど「レトルトカレーを美味しそうに盛り付けるスキルがほしい」と思ったことはありませんでした。

 

近くから見ると、ルーの濃厚さが見た目からも伝わってきます。

黒いつぶつぶはお肉です。

IMG_9290 (2)

食べてみたところ、見た目通り味は濃厚です。

普通のカレーを作るときに、ルーを所定の量より多く入れるとかなり濃厚になりますよね。

あの感じです。

金沢カレー独特のソース味もかなり感じられます。

うまい〜!

 

辛さは普通のルーの辛口くらいです。

食べ続けているとじんわり汗がにじむくらいです。

 

肉のチップが食感にアクセントを与えてくれて美味です。

 

このときは初めて食べたのでごはんの量とルーの量が同じくらいでしたが、ルーの味が濃いのでもっとごはんを食べたくなります。

説明書きにあった、ルー:ごはん=1:2の割合は正解のようです。

その上でやっぱり「出来上がり例」にあったように、カツとキャベツもほしいところ。

カツとキャベツだけお惣菜で買ってきてもいいですね。

 

めでたく完食!満足だー!

IMG_9293  

こんなに満足できるレトルトカレーは他にないのでは?

今まで食べた中で一番満足できるレトルトカレーでした。

やっぱりカレーは濃厚なものに限るなぁ。

 

ゴーゴーカレーのレトルトはAmazonでも購入できます。

値段も2食入り565円とお得です。

カレー好きのみなさんにはぜひ一度試していただきたい味なので、まだの方は食べてみてください。

ではでは。