薬剤師が教える、メニエール病に効く市販薬

どうも、サカモトです。

僕はメニエール病持ちなのですが、いつ発症するか読めないのがメニエール病の辛いところ。

発症してもすぐには病院に行けないリスクがつきまといます。

メニエール病の症状は半端ではなく苦しいので、最悪病院に行けない場合でも、身近なところで手に入る市販薬で症状を軽減したいところ。

そこで、メニエール病に効く市販薬について、知り合いの薬剤師に聞いてきました。

メニエール病に効果がある市販薬

薬剤師におすすめされたのは、トラベルミンという薬

一般的には乗り物酔いの薬として知られていますよね。

このトラベルミンに含まれる「ジフェンヒドラミンサリチル酸塩」と「ジプロフィリン」という二つの成分が、めまいと吐き気に効果があるそうです。

確かに、病院でもらった薬がこちらのトラベルミン配合錠なのですが、こちらにもこの二つの成分が入っています。

薬剤師という専門家による意見ということと、実際に処方された薬の成分と合致していたことの二つにより、説得力が増しました。

カバンや財布にひとつ

常備薬はほとんど荷物にもならないので、常にカバンや財布に入れておいて損はないでしょう。

ぼくもカバンに入れています。

特にメニエール病が発症しやすい、飛行機に乗る際や寝不足が続いている時は持っていたほうがいいと思います。

本を出しました

そしてこの度、ぼくがメニエール病を発症してから完治に至るまでの経緯をまとめた『元患者が教える、メニエール病の治し方』という本を、発売しました。


元患者が教える、 メニエール病の治し方 (サカモトブックス)

メニエール病で苦しんでおられる方なら、きっと役立つ内容が書かれていると思います。

かなり具体的に、日常生活に取り入れられる工夫を盛り込んだので、ぜひこちらも参考になさってください。

Kindle Unlimitedなら無料で読めますよ。

ではでは。