IPO優良株「SIG」の仮条件が発表されました!初値予想は2倍以上ですよー。

 

1600円から2000円だそうです。

初値予想は4000-5000円!

やさしいIPO株のはじめ方の予想だと、初値予想は4000-5000円だそうです。

ということは、初値で2倍以上の値がつく予想ですね。

 

たとえば仮条件の上限である2000円で申し込みをすると、売買単位は100株なので、20万円の資金が必要です。

運良く当選して初値が5000円ついたら、100株購入しているので、50万円の価値になります。

初値で売れれば30万円の利益になりますね!

一般的なサラリーマンの月給くらいになるでしょうか。

これは期待できますねー。

IPOは仮条件の上限で申し込みましょう

IPOを申し込むときの注意点は、俺株さんで上手くまとまっています。

公募価格はこのブックビルディングをもとに決定されますが、もし公募価格より自分が入力した金額が低かったらまず当選はできません。また、抽選日の時点で自分が入力した株数を購入できるだけの買付余力が口座内に残っている必要もあります。

IPO株の多くは仮条件の上限価格が公募価格になるため、IPOの購入を申し込むときは、必ず上限値で申し込みましょう。

今回のSIGの例で言えば、2000円で申し込みましょうね。

 

ぼくはSBI証券で申し込みます!

SBI証券はIPOの取り扱いも多く、IPOチャレンジポイントという当選しやすくなるポイントがつくのでお得です。

IPOにチャレンジする人でまだ証券口座を持っていない人は開設しておいて損はないですよ。

 

ではでは。