キャンプ場・PICA西湖にあるカフェバーで、朝からホイップクリーム・ラテを堪能した

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

山で飲むコーヒーは、何であんなに美味しいのだろう。

自然と触れ合ううちに鋭敏になった嗅覚に芳しく届く香りを胸いっぱいに吸い込み、爽やかで少し苦味の効いた一口を口に含むと、もうそれだけでこれ以上ない満足感に浸ることができる。

山で飲むコーヒーといえば、ぼくの場合、登山よりもキャンプだ。

特に、夜に焚き火を囲みながら飲む一杯と、朝、起き抜けに飲む一杯にはココロオドル。

ところで、みんなはコーヒーを自分で淹れる派だろうか。

キャンプでは自分で時間をかけてコーヒーを淹れる人も多いと思うが(ぼくもだいたいそのタイプだ)、人に淹れてもらう一杯も美味しい。

いつもは自分で淹れる人でも、ときには人に淹れてもらったコーヒーを楽しみたいと思うだろう。

でも、いつも一緒に行った友だちが淹れてくれるとは限らない。

そんなとき、「キャンプ場に美味しいコーヒーを淹れてくれるお店があれば・・・!」と願う。

そんな願いを叶えてくれるキャンプ場があるだろうか。

あった。PICA西湖だ。

スポンサードリンク



PICA西湖は、キャンプ場内にバススタイルのカフェバーがある

PICA西湖にはミニバスを改造したカフェバーが常設されている。

宿泊者はそこでコーヒーやお酒を楽しむことができる。

お店の前は、雑貨なども販売されていておしゃれな雰囲気だ。

 

メニューはこんな感じ。

エスプレッソ、コーヒー、ラテなど、都会にあるカフェと比べても遜色ない品揃えだ。

なんと、クレープやスコーンまである。

朝8:00頃から開いているので、朝食をここで済ますこともできる。

チェックアウトする日の朝など、時間がないときは非常に助かるだろう。

お店の前には自立式タープとテーブル・ベンチが設置されていて、オープンエア形式で食事を楽しむこともできる。

ちなみにこの日はGWだったけど桜が咲いていて、3割増しで雰囲気がよかった。

実際に買ってみた。

前日が寒かったので甘いものが飲みたくなり、ホイップクリームラテを頼んだ。

マドラーが音符なのが何とも洒落ている。

キャンプで必要な遊び心を思い出させてくれる。

こういう細やかな心遣いができるお店で出される飲み物は、美味しいに決まっている。

お店の前で飲もうとも思ったけど、通路を通れば、西湖は目の前だ。

せっかくだから湖のほとりで、朝カフェを楽しむことにする。

朝の静かな湖畔にカヌーが浮いている。

この景色だけで十分心満たされるが、

そこにホイップクリームラテが合わさることによって、ぼくの心は昇天する。

そう、今ぼくはリア充自慢をしている。

カヌーの動きのように、ぼくの心もゆったり泳ぐのであった。

PICA西湖に行った時は、ちょっと贅沢して人が淹れてくれた美味しい飲み物をいただくのも悪くない選択肢だと思う。

きっといつもより心の満足感が増すだろう。

ではでは。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。