見知らぬおじさんも絵になる、真鶴半島の観光地「三ツ石」に行ってきた

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

昨日はかなり天気がよかったので、バイクツーリングに行くことに。

目的地はそのときの気分で、真鶴半島にしました。

真鶴って正直マイナーですし、あまり期待していなかったのですが、予想以上にいい場所で感動しました。

特に「三ツ石」がよかったです。

スポンサードリンク



場所は真鶴半島の先っちょ

三ツ石の場所は、真鶴半島の先っちょです。

かなり近くまで車で行けます。

この時期は桜が満開で、世界が平和に包まれていますねー。

桜の花びらを地面に落ちる前にキャッチできると、幸せを掴めるらしいですよ(キリッ

「三ツ石」なのに岩が2つしかない

駐車場でバイクを降り、近くまで行くと、まずこんな風景が見えます。

なにこれすごい!

砂浜と岩場の違いはあるけど、よくリゾート地にある「エンジェルロード」っぽい景色だ!

参考:http://topicks.jp/84435

うわー、期待してなかったのにリゾート地にきちゃった気分。

でも、ここで大事なことに気づきました。

右奥に大きな岩があるけど、2つしかない。

「岩が2つしかないのに、何で名前が『三ツ石』何だろう?」

オラ、ワクワクしてきたぞ!

見知らぬおじさんも絵になる三ツ石

ワクワクの源を求めに、近くまで行ってみようと思ったのですが、足元はゴツゴツした岩。

リゾート気分では歩けません。

この画像は最初の方ですが、後の方は上に向かって尖っている岩の上を歩く場所も出てきます。

底が厚い靴で行くのが望ましいです。

苦労して徐々に近づいていきます。

見知らぬおじさんも絵になる三ツ石、素晴らしい。

目の前は海。

海面が近いので、普通の砂浜と比べて、波の躍動感をダイレクトに感じます。

特にこの日は風が強かったから、荒々しい波の様子が印象的でした。

東映風の写真を撮りたかったのだけど、しばらく待っても高い波が来ないから諦めました。

振り返って見る真鶴半島の緑も、新緑の淡い緑が若々しくてきれい。

冬よりも霞んだ空の青と、見事にマッチしています。

それにしても岩場がごっつい。

歩く場所を間違えると、無駄に登ったり降りたりしなければいけないので、すぐに体力が奪われます。

なるべく自然の法則にしたがって、位置エネルギーを無駄遣いしないようにルートを選びましょう。

  

三ツ石はちゃんと「三つ石」だった

そして、かなり近づいてきたところで、残り一つの岩が右の岩の奥から見えてきました!

ちゃんと岩は3つあった!

ワクワク終了!

一度に全ての岩を見せないあたりが、瀧安寺の石庭を思わせますね。

神様のための結界が張ってある。

お邪魔します。

後光が眩しいぜ・・・!

とんびが気持ち良さそうに空を泳いでいました。

岸から20分くらいで行けます

岸から三ツ石までは、途中で寄り道しながら歩いても20分くらいだと思います。

時間は短いですが、足元が本当にごっついので、行くときは体力と心に余裕を持って出かけましょう。

個人的には予想を遥かに超えてよかったし、一度は訪れてほしい場所です。

世界でここでしか見られない景色を堪能できますよ。

ではでは。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。