ランニング時の膝の痛みが「バンテリン コーワ サポーター」で防げるか実験してみた

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

僕は膝に爆弾を抱えている。

大学の部活で膝を酷使した結果、膝のお皿を支える軟骨がすり減ってしまい、神経が圧迫されて痛みを感じさせているらしい。

現在、休日にランニングをするのだが、そのときも痛みが出て困っていた。

そこで、膝用のサポーターを買った。

結果を先に言うと、効果てきめんだった。

痛み止めで有名な「コーワ」が出したサポーター

買ったのは「バンテリン コーワ」の膝用サポーターである。

バンテリン コーワといえば、CMでおなじみの痛み止めの薬だ。

登山雑誌を読んでいて、膝の痛みに効果があるらしいことを知った。

痛み止めの会社が出した製品ということで、期待が高まる。

膝のテーピングの基本である「U字型テーピング」の構造を持っているらしい。

本体に「VANTELIN」という文字がデガデカと印字されているのは若干恥ずかしいが、解像度が荒い感じがファミコン時代を思わせて、愛らしくもある。

着用してみると、膝の部分がメッシュになっていて、すごく伸びる。

そのおかげで、膝の曲げ伸ばしの動きが制限されにくい。

また、膝のお皿がホールドされている感覚は強い。

守られている安心感がある。

ちなみに、着用時の写真を撮る関係で「VANTELIN」の文字を見せているが、立つとハーフパンツの丈に隠れてくれるので、実際に使用する際は恥ずかしくない。

着用して走ってみた

試しに着用して走ってみた。

走った距離は約9km。

いつもと同じ距離である。

2000を超えるFuelを稼ぐことができる。

普段は登山用タイツであるCW-Xを履いて走っているので、それと比較して書いてみる。

①膝の痛みが出ない

まず一番気になる膝の痛みだが、膝の痛みは出なかった。

膝のお皿をサポーターがしっかりホールドしてくれるおかげだろう。

寒い日に走ったのに痛みが出なかったのはいい傾向だ。

②膝以外の部分が圧迫されない

CW-Xはタイツなので、膝以外の部分もかなり圧迫される。

そのことによって下半身の筋肉をサポートしてくれているのだろうけど、正直締め付けられる感覚は心地よくないし、着脱もしにくい。

その点、このサポーターは膝部分だけをホールドしてくれるので、膝以外の部分はリラックス状態なので、走るときは快適だ。

着脱も簡単である。

登山など、長時間膝を酷使するときはCW-Xの方がいいのかもしれないが、普段使いにはバンテリン コーワ サポーターの方が楽である。

③狙った部分をホールドできる

CW-Xは、サイズがぴったりでないと、製品の膝の位置と自分の膝の位置が異なり、正確に膝部分をサポートすることが難しい場合がある。

バンテリン コーワ サポーターは、位置を調整することが簡単なので、自分の膝の位置にU字型の部分を合わせることができる。

膝のお皿のサポートをしっかり行えるというわけだ。

上記以外のメリット

④洗濯が簡単

短くて乾きやすいので、洗濯が簡単だ。

⑤安い

一足1000円ほどで購入できる。

試しに買ってみても痛くない値段だ。

膝が痛い人は、まずは一足

このサポーターは、僕にとっては効果てきめんだった。

この値段でこのサポート力は正直期待していなかったが、とても満足している。

膝が痛い人は、まずは一足購入して試してみてほしい。

ランニング以外でも、登山やスポーツで活躍してくれることと思う。

ではでは。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。