家庭は職場ではない

 

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

 

こんな記事を読みました。

夫に家事を手伝わせる専業主婦は非常識 男性の相談に共感相次ぐ日本

家庭は職場ではない

ぼくは、専業主婦に対して引用記事のような批判が出るのは、家庭を職場と同じと捉えているからではないかと思います。

 

家庭を職場として捉えると、専業主婦の家事=仕事ということになるので、苦手な作業でも努力をしてこなすべきでしょう。

また、専業主婦は仕事をしておらずお金を生み出していないので、その分を家事で返すべき、という意見が出ることも分かります。

 

仕事はギブアンドテイクが基本ですから、どちらか一方がギブ、またはテイクばかりしていては、両者の関係が成り立たないのです。

 

しかし、家庭は職場ではありません

職場と同じ考え方で家庭を運営してはいけません。

 

両者は異なる方法でマネジメントされるべきだと思います。

「好き・嫌い」、「得意・不得意」で分担すべき

ではどうすればいいのかと言うと、家事に関して言えば、「好き・嫌い」「得意・不得意」で分担すべきだと思います。

 

というのも、一言で家事と言っても、その作業の範囲は多岐に渡ります。

炊事、洗濯、掃除、裁縫…などなど。

 

下手をすると、仕事よりも多方面の能力が求められるかもしれません。

この意味で、家事は総合芸術だと思います。

 

これだけ多様な作業があれば、好きな作業もあれば嫌いな作業があるのが普通だと思います。

または得意・不得意もその中に含まれるでしょう。

 

好きな作業、得意な作業に関しては特に問題はありませんが、嫌いな作業、不得意な作業を行うのは、誰でもストレスがたまります。

 

家事は毎日行うものも多いですが、家事でストレスがたまってしまえば、時にはその矛先がパートナーに向いてしまうことだってあるでしょう。

 

これでは家庭円満は築けません。

 

世の中の人たちは、嫌いな作業をやるときのストレスと上手く折り合いをつけながら、賢く日々を送っておられると思うのですが、それでも嫌いな作業は出来ればやりたくないもの。

 

であれば、パートナーと話し合い、好き・嫌い、得意・不得意を軸に家事を分担すれば、お互いにストレスを溜めることなく、家庭をマネジメントすることができると思うのです。

我が家の実態

我が家はこの方針をなるべく取ろうと努力しています。

 

ぼくは料理は好きなのですが、掃除・洗濯は適当でもいい方です。

そのため、掃除・洗濯のクオリティは奥さんの基準を満たさないので、あまり向いていません。

 

逆に奥さんは掃除と洗濯は好きでやり甲斐を感じるのですが、料理が苦手。

そのため、我が家では出来るだけぼくが料理を、奥さんが掃除と洗濯を担えるよう分担するようにしています。

 

平日はぼくが仕事に出てしまうため、どうしても専業主婦の奥さんに料理をお願いせざるを得ないのですが、休日はぼくが料理担当です。

 

このように好き・嫌いや得意・不得意で家事を分担することによって、お互いストレスをためることなく家庭を運営することができています。

 

この方針では、前提として双方が家事に協力的であることが求められるので、まずはその土壌を整えることが必要ですが、一度基礎を築けると、その後の生活がとても楽に楽しくなります。

お互いの好き・得意を持ち寄る

このように、職場と家庭は違う考え方によって運営された方が、結果的にいい結果を生みます。

特に家庭においては、双方の好き・得意を持ち寄って、それらを上手く組み合わせて生活を成り立たせた方が、家族全員が楽しく暮らせるのではないかと思います。

 

実は現代で注目されている会社は、この「家庭のマネジメント」方法を職場で上手く活用しているのですが、それについてはまた今度。

 

ではでは。