【レビュー】コールマンのソフトクーラーボックス「アルティメイトアイスクーラー2/25L」を使ってみた

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

夫婦でキャンプに行くようになり、いよいよクーラーボックスが必要になってきました

クーラーボックスにはいろんな種類がありますが、基本的に収納性が高い道具が好みのぼくは、ハードクーラーボックスという選択肢はありませんでした。

しかし、ソフトクーラーボックスを選択するとしても、クーラーボックスの最も重要な性能である保温性の高さは譲れません。

その絶妙なバランスを兼ね備えた製品を徹底的に探した結果、ひとつの結論に至りました。

コールマンのソフトクーラーボックス「アルティメイトアイスクーラー2/25L

それがこちらです。

amazonで購入済み。

IMG_0544

アルティメイトアイスクーラーは、ソフトクーラーボックスなので収納性が高い上、コールマン社比で最高の保冷力を持っているとのこと。

カタログ値では約42時間氷が保てるとの記載があります。

42時間というと2日弱ですので、一泊二日のキャンプで使用するのであれば、十分な保冷力です。

チャックで大きく開く蓋をあけると、中はこんな感じ。

二人分の食料を詰め込むには十分すぎるほどの容量です

IMG_0550

中のライナー(内袋のようなもの)は外せるので、氷が溶けたりして中に水がたまってもそこだけ洗って乾かすことができ、衛生的です。

IMG_0551

また蓋に小さいサイズの取り出し口が設けられているので、蓋を閉めた状態から、冷気の逃げを最小限に抑えて荷物の出し入れが可能です。

IMG_0554

もちろんコンパクトにたためます。

IMG_0548

実際に使ってみた

実は先日、横浜から神奈川県中郡二宮町に引っ越したので、ちょうどいい機会だと思い、冷蔵庫の中のものをこのクーラーボックスに詰め込んで、どれくらい保冷効果が長持ちするか試してみました。

食材を詰め込む

大きな氷の代わりにアイスノンを底に入れて、

IMG_0564

冷蔵庫に入っていた食材を詰め込み、スキマに小さい保冷剤を余すことなくいれます。

IMG_0565

一人暮らし用の冷蔵庫に入っていた食料がほとんど入りました。

見た目に反して容量大きいですねー。

これで準備完了です。

実験環境

この日はとても暑い日で、最高気温が32-3度でした。

部屋の温度はもっと高く、体感温度は35度越えの猛暑日の環境。

実験環境としてはかなり厳しいものでした。

また、冷蔵庫の食材を詰め込み終わったのが午前10時頃、引っ越し先に荷物が届きクーラーボックスを再び開けたのが20時前でした。

そのため10時間ほど、クーラーボックス内で保存したことになります。

さあ、結果はいかに。

結果

中身はどうなったかというと、

IMG_0567

こんな感じ。

保冷材はやや柔らかくなっていますが、十分冷たいです。

IMG_0566

アイスノンもまだまだ冷たい。

IMG_0568

実験環境が厳しかったにも関わらず、冷蔵庫の中身は十分冷えた状態で運ぶことができたと言えるでしょう。

ただ、冷凍していたお肉などは解凍されてしまっており、残念ながら食べられる状態ではなくなってしまいました。

IMG_0569

今日の環境で10時間保冷力を落とさずに食材を冷蔵できたので、キャンプでも安心して使えそう、というのがこの日の結論でした。

実際にキャンプでも使ってみた

そして先日のスカイバレーキャンプ場におけるキャンプでも使いました。

IMG_0633

結果は上々で、一泊二日のキャンプが終わったときでも、まだ中から冷気が漂ってくるほどでした。

道志は平地と比較して気温が低かったのも勝因のひとつでしょう。

これはいい買い物をしました。

これからソフトクーラーボックスを購入される方は、ぜひコールマンの「アルティメイトアイスクーラー2/25L 」の購入を検討されては。

ではでは。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。