メニエール病の運動のモチベーションをNike+ fuelbandで上げる

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

メニエール病になってからランニングを続けているのですが、モチベーションが上がらないことが多かったです。

仕方なく走るのは辛いし、どうにかならないものかと試行錯誤した結果、「Nike+ fuelband」がちょうどいいことが分かりました。

スポンサードリンク



Nike+ fuelbandのいいところ

12915269_942133932531529_712779116_o

Nike+ fuelbandのいいところは、何より管理の手間がかからないことです。

普段から身につけることが出来ますし、重さも気になりません。

充電も一週間に一回ほどで十分です。

Nike+ fuelbandは時計機能もついているので、時計の代わりに身に着けられます。

実はこれが個人的に一番大きいです。

運動時の荷物が増えないのは本当にうれしい。

運動の記録機能は他の機器同様に充実しています。

Nike+ fuelbandはNike独自の単位であるFUELと共に、消費カロリー、歩数を自動で計算してくれます。

この機能があるおかげで、ランニングの楽しみが増しました。

自分を褒めてあげられる

正直なところ、ぼくはこの手の「これをつければモチベーションが上がって運動が続きます!」みたいな分かりやすい宣伝が嫌いで、こういう機器は毛嫌いしていました。

しかし、Nike+ fuelbandにはいい意味でその予想を裏切られました。

これがあるおかげで、自分の頑張りが分かりやすく数値で出されるので、自分を褒めてあげられるんですよね。

スクリーンショット 2016-03-27 9.53.38

例えばこれは記事更新前日のデータなのですが、結構運動したので4000 fuelを超えました。

デフォルトの目標値が1800 fuelなので、なかなかいい値です。

こういう過程が楽しくて、ここ最近は毎日着けています。

もしぼくと同じように、普段の運動のモチベーションが保てない人がいれば試してみては。

ではでは。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。