他人の人生に構っている時間なんてない

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

press-1015988_640

最近はドロドロしたニュースが多いですね。

FaceBookもTwitterも、SMAPやベッキーの話で持ち切りです。

タイムラインがこのような情報で埋まってしまっているので、最近見ていてもおもしろくありません。

といっても、ほとんど中身を見ていないんですけどね。

ぼくの人生にはほとんど関係ないと思ってしまうんですよねぇ。

それってあなたの人生の何%くらい大事なの?

みんな、実際これらの問題についてどれくらい深刻に考えているのでしょう。

自分の人生の何%をこの問題にかけているのでしょう。

当事者や近しい人にとっては大きな問題だと思いますが、その他の多くの人たちにとって、これらの問題は人生の何%にも満たないと思うのです。

それなのに、みんなここぞとばかりに嘆き悲しんでいるふりをして、もしくはそこに深い人生の意義を読み取ったふりをして、問題に群がるのです。

1ヶ月後にはほとんど忘れているだろう問題に、です。

他人の人生を気にするより、自分の人生を充実させる方が大事じゃないかなぁ

1ヶ月後には忘れている他人の問題のことを考えて、自分の人生の貴重な時間を浪費するなんて、なんだかもったいないなぁと思います。

この問題にうまく便乗して自分の利益を生んでいる人もいると思いますが、多くの人はただただほとんど自分に関係のないこれらの問題に振り回されているだけなのです。

その時間で本の一冊でも読んだり、美味しいものを食べたり、好きな場所に行ったり、いろんなことが出来るのに。

他人の人生に構っている暇があったら、自分の人生を充実させた方が、人類全体としては幸せになるんじゃないかなぁ。

他人の問題に茶々を入れるな

それに、本人たちを差し置いて、他人の問題に深入りしてズカズカ物を言い散らかすなんて、本人たちのことを本当に大事にしていたらできないのではないかと感じます。

自分が深く知っている友人や知り合いの問題に対して、その人を助けてあげたいと思っていろいろ手助けをするのであれば、それは十分価値のあることだと思いますし、そういったことまで否定するつもりはありません。

しかしそうでもないのに蚊帳の外からブーブー物を言うのは、当人たちのためにもなりませんし、それに便乗する人たちもおびき寄せてしまいますから、問題をさらに大きくしてしまいかねません。

当人たちのファンならなおさら、こういう問題に対して冷静な態度で受け入れる姿勢が必要なんじゃないかと思います。

まぁ、こんなことを書いている時点で、ぼくもこの問題に加担しているってことなんですけどね。

なんにせよ、早くこれらの問題が過ぎ去って、いつものようにおもしろい情報が回ってくる状態に戻らないかなぁ。

そっちの方が平和だよ。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。