モンブラン嫌いのぼくの人生を変えた、小布施「栗の木テラス」のモンブラン

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

ぼくはきっての甘党だ。

学生の頃にクリスマスケーキの仕分けのバイトをやったことがあるのだが、そのバイト先ではその日余ったホールケーキをバイトがもらうことができた。

ぼくはホールケーキを2,3個もらってきて、それを朝ごはんとして毎朝ホール半分ほどのケーキを口いっぱいにほおばるのが至福の瞬間だった。

特に生クリームをふんだんに使っている甘っっったるいケーキが大好物なのだ。

こんなぼくでもモンブランには今まで抵抗があった。

好きな人には申し訳ないのだが、秋になると店頭を埋め尽くすそれは、口の中は少しもそもそするし、甘さも生クリームよりは多少控えめで、根っからの甘党のぼくにとっては、他にも美味しいケーキがたくさんある中でそれを選ぶ必要性がなかったのだ。

そう。栗の木テラスでモンブランを食べるまでは。

小布施にある大人気カフェ「栗の木テラス」

栗の木テラスは長野県小布施町にある。

最近小布施はまちづくりの文脈でとても面白い取り組みをしているので(小布施若者会議とか)、一度訪れてみたかったのだ。

今回軽井沢旅行に行くついでに足を運んでみた。

小布施は葛飾北斎と栗の街だ。

栗といえば秋である。モンブランである。

ということで、モンブランが有名な栗の木テラスを訪れてみた。

開店前なのに行列ができている。

IMG_9063

看板がかわいい。

IMG_9064

開店と同時に席が埋まるほどの人気だった。

IMG_9066

ペーパークロスもオリジナルだった。こだわりがあるんだね。

IMG_9067

小物選びにも店主のセンスが感じられる。

IMG_9068

こちらは栗の紅茶。

生クリームと栗の粒をカップの底に添えて、その上に紅茶を注ぐのだ。

こんなおしゃれな飲み方をしたことがない。

IMG_9069

紅茶を注ぐときれいに泡立ち、カフェラテのようになる。

IMG_9070

口に含むとふわっと栗の香りがする。

生クリームが口当たりを柔らかくしてくれて、なめらかで紅茶のカフェラテのような感じ。

とっても美味しい。

ポットをミトンのような半円状の布で覆って冷めにくくしてくれる温かいご配慮。

心が少しずつ満たされていくのが分かる。

IMG_9071

ちなみにコーヒーも1つ頼むと3杯分くらいの量がポットで運ばれてくる。

これはうれしい。

IMG_9074

いよいよモンブランが届いた。

栗の束?がこんもり載っている。

ちなみにこのときまでは人生は変わっていない。

IMG_9072

はい、人生変わった。

IMG_9073

栗クリームがこんなになめらかなモンブランは食べたことがない。

口の中がもそもそしない。

中の生クリームや栗の粒との相性も抜群。

美味い!!!!!

本当に美味しいモンブランってこんなに美味しかったんだ・・・

いつもは何口かで止まるフォークが、原型が無くなるまで止まることなく動き続けた。

栗の木テラスのモンブランに人生変えられてみては

栗の木テラスのモンブランは本気で人生変わると思います。

今までモンブランに抵抗があった人にもぜひ食べてもらいたい。

ここはほんとーにおすすめ。

栗の木テラス

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。