せっかく金沢・近江町市場に行ったなら、市場の活気を楽しみながら食べ歩きしましょう

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

市場も最近では変化しているんですね。

スポンサードリンク



帰省時によく行く、金沢の近江町市場

ぼくは地元が福井県なので、関東から帰省するときは、ひと休みも兼ねてよく金沢に寄ります。

なので近江町市場にもよく行きます。

今回も帰省したので福井に行く途中に寄ったのですが、ひとつ普段は見られない変化を見ることができました。

食べ歩きできるようになってる!

いつも通り近江町市場に来ました。

十間町口には駐車場もたくさんあるので、いつも混雑する近江町市場周辺でも車を停めやすいです。

IMG_8486

やはり活気がありますね。

外国人の方も多いです。

IMG_8487

北陸の新鮮な魚はもちろん、

IMG_8489

果物や野菜、衣類など生活に必要なものは大体ここで揃います。

IMG_8488

さて市場の紹介はこのくらいにして、問題のお店はこちらです。

ここも新鮮なお魚が並ぶお店なのですが、「この場で食べられます」の文字が踊っています。

え、今までこんな表示見たことない。

IMG_8490

こんなのを見てしまったら、そりゃもう食べるしかないですよね←

ぼくのせいじゃない、ぼくは悪くない。

というわけで真ガキをいただくことに。

注文すると、その場で剥いてくれます。

目の前で剥いてくれるのは安心ですね。

IMG_8491

こんな感じでトレイに載って出てきます。

え?カキの身がない?(目が泳いでる)

IMG_8492

あまりにも美味しそうだったので、写真を撮るのも忘れて一気食いしてしまいました・・・

ブロガー失格のブロガーが書いているブログはこちらですよー。

味に関しては文句無し。

言うまでもないですが、日本海が育む北陸の海産物はめちゃくちゃ美味しい上に、市場に並んでいるものをそのまま食べられるわけですから、美味しくないわけがありません。

近江町市場には落ち着いて食べられるお店ももちろんあるのですが、どのお店も人気なので大体は行列に並ぶ必要があります。

気軽にいろんなものを食べたい人は新感覚の食べ歩きを楽しむのも手ですよ。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。