これからキャンプや登山などのアウトドアを始める人向け、お金を無駄にせずに効率よくいい道具を集める方法

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

この記事では、これからキャンプや登山などのアウトドアレジャーを始める人に向けて、お金を無駄にせずに効率よくいい道具を集める方法をご紹介します。

不安でいろんな雑誌を買ってしまった過去

これからキャンプや登山などのアウトドアを始めようと思っている人にとって、最初は右も左も分からないことだらけです。

キャンプであればテントや寝袋は何を選んだらいいのか、登山であればバックパックや登山靴はどういうものを買ったらいいのか、何の手がかりもありません。

ぼくはキャンプも登山も両方やりますが、やはり同じような状況でした。

バイクとテント

キャンプ始めたての写真。熟れてない感がにじみ出てる・・・( ̄ー ̄;

ぼくの場合、最初は『キャンプ入門』とか『登山入門』みたいな雑誌をたくさん買って情報を仕入れていたのですが、これは誤りであることが後々分かったんです。

入門編の雑誌はどれも大体書いてあることは同じ

入門編の雑誌って、大体内容が同じなんですよ。

キャンプであれば、

  • テントはシングルウォールかダブルウォールか
  • 寝袋は化繊かダウンか
  • テントはどのような場所に立てればいいのか

登山であれば、

  • バックパックの荷物の詰め方
  • 靴の選び方
  • 装備は何が必要か

など、テンプレートが決まっているんです。

最初はどれも勉強になる内容なので一冊は買っておいて損はないと思いますが、一冊読み終えたらあとは内容は同じで掲載されているグッズが変わるだけなので、何冊も買う必要はありません。

そのお金があったらグッズを買うのに回した方がいいです。

基礎知識を頭に入れたらショップで実物を見ながら選ぼう

基本的な内容を頭に入れたら、あとは実践あるのみ。

本を読んだりネットで調べたりするのではなく、ショップに足を運んで実物を見ましょう。

実際にモノを見たり試したりすることで、本で読んで勉強した内容を感覚でも理解できるようになります。

登山靴なんかは履いてみないと自分に合っているか本当に分かりませんからね。

あとはショップの店員さんのアドバイスはぜひ聞いておきましょう。

アウトドアショップの店員さんは好きでやっている人も多いので、やはり専門知識豊富です。

お店に置いてある商品を自分で買って使われている方もいますので、実際に使ってみて初めて分かる情報なども教えてもらえます。

本は一冊、あとはショップへ

今日の結論はこれです。

入門編の雑誌は自分が気に入ったものを一冊だけ買ってそれを読み込み、それを終えたらショップで実物を見ながら検討しましょう。

ちなみに横浜でファミリーキャンプ用のテントを探すなら以下のお店がオススメです。

そこはキャンパーの遊園地。横浜で実物展示を見ながらテント・タープを選ぶなら「スポーツオーソリティ・港北センター南店」に行けば間違いない

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。