20代が「老害」になるとき

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

20代でも老害になることってあるんじゃないかと思います。

スポンサードリンク



今年、初めて会社で後輩が出来ました

サカモト(仮)は企業の研究部門で働いています。

会社の中でもマイナーなテーマを担当しているので、なかなか新人さんが入ってこなかったんですが、今年ようやくひとり後輩が入ってきてくれたんですよね。

そのこと自体はとてもうれしいのですが、かなり気をつけていないと自分が老害になってしまうんじゃないかと危惧しています。

「もっとアドバイスしたいお化け」がぬっと顔を出す・・・

後輩と仕事の話をしていると、当たり前ですが新人さんは初めてのことばかりなので、いろいろ質問をしてきてくれます。

もちろん聞かれたことに答えるのはいいと思うんですが、気を抜くと「もっとアドバイスしたいお化け」が自分の奥底からぬっと顔を出してくるんですよね。

新人さんからしたら、質問の答えが分かったらすぐそれを実践したいはずなのに、質問された側の「頼りになる先輩に見られたい」という欲が出てきてしまって、話す必要がないことまでつらつらと話してしまう・・・ひえぇー!

それが「予想されるトラブルを事前に防ぐため」ならまだ有益なのですが、そうじゃないケースも多々あります。

これって、相手が興味がない自分の話を延々としてしまう老害と似ているんじゃないかなと思います。

「困った時は俺に聞けお化け」まで・・・

あともうひとつ恐れているお化けは、「困った時は俺に聞けお化け」ですね。

頼りにされたいばっかりに、新人さんが困っていないときでさえ「何か分からないことありますか?」とか「新人さんはどう思います?」とか、余計な質問をしてしまいそうになることがあります。

自分で書いててもあるある過ぎて怖い。

でも新人さんからしたら、仕事のやり方が分からなくて困った時は自分から質問してくるはずなので、その問いかけは本当は不要なはずなのです。

何でその質問をしてしまうか突き詰めると、自分の自我を満たすためという答えにいつも行き着きます。

老害になるのに年齢は関係ない

これは20代に限らず、もっと若い人でも起こりえることだと思います。

学校で部活の後輩が出来たときとか、勉強を他の人に教えるときとか、考えられるケースは無数に転がっています。

自分が老害にならないように、お化けにならないように、いつも自分の言動を意識しておきたいものです。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。