ブログを書くのがマンネリ化してしまったときに読む記事

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

最近前よりもブログを書くのがマンネリ化してしまっていました。

何でかなーと理由を考えた時、思い当たる点が一つありました。

新しいチャレンジをしてなかったかも・・・

たぶんこれだと思うんです。

ブログを立ち上げた初期の頃って、ブログの仕組みを学んだり、サイトのデザインを考えたり、本当にいろいろやらなければならないことがあって大変でした。

大変なんですが、それが自分にとっては新しい世界を開拓することでもあって、それなりにやりがいがありました。

しかしある程度時間が過ぎ、大体自分のブログの「型」のようなものが出来上がってくると、それを繰り返していけばブログの運営を出来るようになってきます。

効率よくブログを続けていくには重要なことなのですが、その期間が長く続くとどうしてもマンネリ化してしまいます。

ブログを書くことに刺激を感じなくなり、だんだんとつまらなくなり、次第にブログに向き合う時間が短くなっていく・・・

楽しみたくて始めたブログなのに、これでは本末転倒です。

自分の能力に合ったチャレンジは楽しみを引き出してくれる

あまりにも有名ですが、心理学者のミハイ・チクセントミハイは、自身のスキルと課題の難易度のバランスを取ることによって、そのチャレンジに対する楽しみを引き出せるとする「フロー理論」を提唱しました。

02

http://test2.microwest.org/lecture09/

ぼくが陥っていたのは、この図でいう下の部分の「退屈」、つまり自分のスキルの高さに対して行為の難易度が低い状態だったのです。

ということは、ブログを書く・運営するという課題の難易度を上げることによって、また「熱中・はまる」ゾーンに戻すことが出来ることが予想できます。

ブログがつまらなくなってきたら、自分でてこ入れをして楽しくしよう

という訳で、このブログも新たなチャレンジを起こしていきます。

具体的には、これまでは「どこかに行ってきた系」の記事が多かったのですが、それも大事にしつつ、考えたこと、思考の部分を厚くしていこうと思っています。

それがこのブログの個性を表現することにもつながると思うので。

ミハイ・チクセントミハイ博士のTED講演はブログ運営者も必聴ですよ。

もっとフロー理論について知りたい方はこちらの本をどうぞ。

目から鱗の知識がつまっています。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。