「タイで海外隠居」の可能性について考えてみた

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

CHAI KRAP BKKさんの記事を参考に、海外隠居の可能性について考えてみました。

スポンサードリンク



海外移住先として人気の都市タイ

実はタイは、海外移住先としてとても人気のある都市です。

海外移住.com:移入人気国総合ランキング

仏教王国として信仰を守り、また宗教の頂点に君臨するとして、国王を尊い存在と崇拝するタイでは、 多くの規律のもとで人々が明るく穏やかな生活を送っています。 急速な発展を遂げ、未来都市と表現されることもある首都のバンコクでは、高層ビルが連なり高架鉄道や地下鉄など、 交通の便も充実しています。また、夜中まで活気があるリゾート地のパタヤや、 歴史的な寺院が点在している静かな古都のチェンマイ、透明度が抜群のビーチが美しいプーケット島など、様々な顔を持つ景観と雰囲気で、 訪れた観光客を飽きさせず、リピーターとして再度、訪れるだけではなく、 移住先としても注目が高まっています。

タイにはぼくも2回行ったことがあるのですが、バンコクはいかにもアジアという感じの雑多としていて活気がある街ですし、海外移住.comに書いてあるように、歴史的な寺院が多く魅力的な街です。

バックパッカーの街として有名なカオサン通り。

カオサン通り

アジアの代表的な三輪タクシーのトゥクトゥク。

自動3輪タクシー。名はトゥクトゥク。

ちょっと街を外れると、こんな神秘的な場所もあります。

P1010796

ちょっとジブリっぽいですよね。

ジャングルみたいなところに線路が通っているのも驚きですが、そのすぐ脇に人が住んでいるのも驚きです。

いいよね

もちろん象のショーもあります。

P1010684

このように街としての魅力は多いタイ。

では「暮らす」という観点ではどうなのでしょう。

気になる一ヶ月の生活費は

CHAI KRAP BKKを運営されている方のタイの一ヶ月の生活費は36,112THBだそうです。

参考:まだ高知で消耗してるの?タイの生活費 1ヶ月をさらしてみました

2015/4/18のレートだと、これは132,747円と、約13万円です。

家賃込みでこの値段はかなり安いですね。

タイに住んでいる日本人の収入は

タイ就活事情2014 バンコクも日本人の初任給結構上がってるよ!という記事によれば、最近タイに住む日本人の初任給は上がっているそうで、タイで働く日本人の最低月額賃金は50,000THB(約15.9万円)だそうですよ。

先ほどの生活費が36,000バーツ強だったことを考えると、余裕で暮らせてしまいますね。

しかも日本人には有利な就職状況のようです。

タイでは、日本語が話せるタイ人の給与が、年々上昇していて、日本人の給与とあまり大差がなくなってきているようです。
そのため、日本語が話せるタイ人を雇うよりは、日本の商習慣に精通し、長期で働いてくれる日本人を雇った方が良いと考える企業も多くなっています。

ただ、これはタイの日系企業などに勤めた場合なので、元々恵まれた環境を確保できた人に限ります。

ちなみに、タイのセブンイレブンの時給は20THBだそうです。

勝利の方程式は「移住後日系企業に勤める」こと?

もちろん実際に暮らすとなった場合は他にも考慮すべき点がいくつもありますが、「タイに移住して日系企業に勤める」という選択肢はアリな気がしてきました。

治安などの点に不安が残ります(ぼくもタクシーの運転手に変なお店に連れて行かれそうになったことがあります)が、メンタルが強い方は検討してみてもいいかもしれません。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。