「メニエール病の名医」に実際に診てもらった:メニエール病への対策とその結果

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

どうも、サカモト(@SkmtKari)です。

このブログには「メニエール病」というキーワードで訪問されている方が多いので、今日はぼくがメニエール病を発症してから診てもらった病院のこと、そしてそこで受けた診断内容などについて書こうと思います。

ぼくが診てもらったのは「メニエール病のパイオニア」と呼ばれる先生なのですが、「メニエール病の名医に診てもらいたいけど、自分が住んでいる場所の近くにいないから難しい」という人のために、実際にぼくが診てもらったときの様子や、先生に課された「宿題」、その結果について書いていきます。

ちょっと長いですが、お付き合いいただければと思います。  

メニエール病のパイオニア

ぼくがメニエール病発症後に診てもらったのは、めまいメニエール病センターでした。

ここを選んだ理由は、メニエール病について色々調べていくうちに、メニエール病の治療.comというWebサイトで、この病院が「メニエール病の名医がいるクリニック3選」に選ばれていたのを知ったからです。

ここのセンター長である高橋正紘医師は、このサイトの中で、

めまいメニエール病センター長の高橋正紘医師は、めまい平衡医学会の会長を務めていたこともあり、業界でも有名な医師です。『薬も手術もいらないめまい・メニエール病治療』という本も出版しており、メニエール病のパイオニアともいえる存在でしょう。

と紹介されています。   こういう本も書かれています。  

ぼくはたまたま横浜に近い場所に住んでいるので、「近くにそんな名医がいるなら行ってみよう」と思い、この病院に行くことを決意しました。  

実際の診断内容と課せられた「宿題」

診察室に通された後、まずは防音室に入り、聴覚検査を受けました。

そしてその結果を見ながら、椅子に座りいろいろ質問を受けた後、ベッドに横になり目玉の動き具合を確認されたり、目をつむった状態でその場で50歩ほど足踏みをする、といった診断を受けました。

その結果、どうもぼくは右耳の低音域の音が聞き取れず、それが原因で右と左の聴覚のバランスが崩れ、めまいを起こしているようでした。

しかし、肝心の原因については、「ストレスによるものか運動不足によるものか分からない」とのことでした。

その上で、投薬や手術を行わずにメニエール病の症状を出にくくするための方法として、その場で複数の「宿題」を課せられました。

IMG_7075

テキストで書き直すとこんな感じです。

  1. 枕を少し高く(枕の下にバスタオルを敷く)
  2. 体操:朝・夜(それぞれの体操については、<図解>ラジオ体操第一を参考にしてください)
    • 体を前後に曲げる運動
    • 体を横に曲げる運動
    • 体を回す運動
    • 両脚で跳ぶ運動
  3. 毎日よく歩く
    • 朝・夜 各30分 速歩
  4. 日中、5-6回ジャンプ/2h
  5. 薬不要
  6. 楽しむ
  7. 有酸素運動 毎日1h 4回/週

これを手渡された後、「これを毎日やって、一ヶ月後にまた来てね」と言われました。

しかし、これらを全て、毎日続けるのは難しいですよね。

全部をこなすのは大変そうなので、与えられた「宿題」をどうこなすか考えました。  

自分の生活に合わせて「宿題」を変更

ぼくのような一般的なサラリーマンにとって、週4で1時間の運動時間を確保することはかなり難しいです。

そこで、週4で1時間の有酸素運動を行うことは時間的に無理だと判断し、土日とできれば平日1日、合計で週2-3回だけはきちんと行おうと決めました。

また、いきなり1時間の運動を行うことも難しいと思ったので、まずは20分くらい走ることから始めました。

その他の項目は、通勤などを少し工夫したり、日常に体操を取り入れたりすればよかったので、そのまま取り入れました。

このような変更を加え、1ヶ月「宿題」をこなすことにしました。  

「宿題」を1ヶ月こなした結果

1ヶ月間「宿題」をこなしている間は、めまいなどの症状は出ませんでした。

そして1ヶ月後、もう一度病院に行きました。

前回と同じ診察を受けた後、「聴覚検査などの結果はまだ良くなっていないですが、もう大丈夫でしょう。ただし、運動をやめると必ず再発するから、絶対にやめないように」と言われました。

大丈夫という診断が下ったとは言え、再発の可能性もあるので、言われた通り今後も運動を続けることにしました。

結局その後フルマラソン完走まで至るわけですが、振り返ってみるとあれから一度もめまいに襲われたことはないので、結果的には先生の言う通りでした。  

ひとまずできることから始めてみては

メニエール病は難病と言われていて、現在は根本的な治療法は見つかっていないようです。

今実際に症状が出ている方は、本当に辛い思いをされていると思います。

そんな方は、先生が言われた運動をひとつでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

メニエール病の名医による診断ですし、ぼくの身体でも効果は実証済みですので、確証はできませんが多少の効果はあるように思います。

ぼくも最初に症状が出たときは会社のトイレにこもって2時間吐き続け、そのまま病院送りになりましたが、あのような経験はできればもうしたくありません。

そのため今でも運動は意識して続けています。

この記事を読み、行動に移した人の症状が少しでも軽くなることを祈っています。

メニエール病関連記事は他にも書いているので載せておきます。

関連記事:経験者が伝えるメニエール病・めまい対策記事まとめ

ではでは。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。