変化の激しい今だからこそ、選択肢の一つに「隠居」を入れておこう:『ご隠居のすすめ』を読んで

スポンサーリンク
レクタングル728*90

※シェアは下のボタンからどうぞ。

本村尚三郎さんの『ご隠居のすすめ』を読みました。

この本の特徴は、

  • 「隠居とは何か」が様々な視点から述べられている
  • 変化の激しい時代にこそ、人生の早い段階で隠居することを勧めている
  • 隠居になるために必要なことを著者の視点で複数挙げている

ということですね。

 

ぼく的には、この本に載っていた

  • リバース・モーゲージ
  • マージナル・マン

というキーワードが気になったので、今度調べてみようと思います。

 

以下に読書メモを載せておきます。

・隠居自体はもともと煩わしい世間からはなれて山野に隠棲することを意味し、非常に古くからあったものであり、江戸時代を経て明治民法においてもその規定がある。
・その隠居とは何かというと、家督すなわち家名と家の財産、家の祭祀を放棄して相続人に譲り、母屋から生活を離し、かまどの火も別にすると同時に、自分が老後を生きるための財産・田畑も家の財産から離す。つまり住居も台所も財産も別という、別居、別産、別竃の生き方に入ることである。
・このように、常識から離れて社会的な責任がなくなるからこそ、「ご隠居」は新しい価値観を先取りして何を言うのも自由になり、社会に生きる生き方から、個人に生きる生き方へと変わる。「楽隠居」とよくいうが、楽隠居とは、何よりもまず精神的に楽な生き方をするということである。
・ときどき、このように自分の置かれている場から自分を離すということは、今のような転換期においては絶対に不可欠である。つまり、一時的に隠居をしてみることだ。離されてみて、初めて自分の価値をそこで発見し、これからの生き方について考えるのである。
・アメリカなどでは、企業を創業し、猛烈に働き業績を伸ばし、その後、株を公開し、高くなった株を全部売ってしまい、四十代後半ぐらいで引退してしまう人もいる。その後は、豪邸に住み、悠々自適の生活をしたり、ボランティア活動にいそしむなど、様々だ。
・なぜ、このように早く引退するのか。その背景には、欧米では、なるべく早く苦役としての労働を終えて、定年を迎えたいという気持ちが強いからだ。
・そういう大きな変わり目に来ているときは、何よりもまず、自分を取り巻いている世界から自分を離してみることが必要である。そのとき、新しい時代と新しい生き方が見えてくる。楽隠居も、決して単に余生を楽に生きていく仕方というわけではない。むしろこれからの時代を積極的に生きるための、知恵なのである。そういうプラスイメージのご隠居の時代がいま始まろうとしている。
・お遍路さんは、白装束に身を固める。白装束はすなわち死装束であり、現世から一旦死んだ身になったという発想で旅に出るのである。そして例えば四国四十八カ所をすべて回り切ったときは、そこで生まれ変わるとされてきた。一旦死んで第二の新しい、元気な自分になるのである。それはまさにご隠居の発想と同じだ。新しい生き甲斐が生まれるのである。
・その意味で、いま私たちは何も定まらない、約束されない時代を生きている。できるだけ早く退職金もしっかりといただいて、別の生き方、隠居の生き方に入る。もし可能なら、そこから光の当り出した第二の仕事を始める。そういう積極的な動の生き方のほうが、これからは充実した人生を送れそうだ。たとえそれがうまく行かなくとも、飢え死にする心配は、当分しなくていい。そして死にさえしなければ、人間こわいことはない。
・「たった一人、無人島に行きたい」という人もいるかも知れない。しかし一般的には社会のなかにいて、しかし自由な自分の世界をつくりたい。それによって次の時代のヒントを自分なりに得たいというのが、現代のご隠居の意味である。
・これからの高齢者社会では、「こういう生き方をすべきである」ということはない。(中略)好きなことを好きなだけ、自分なりにやればいい。原則として人は人、自分は自分ということである。そういったミーイズムの時代に最もぴったりなのが、隠居の生き方である。
・二十一世紀人にとっての自由とは三つある。一つはグッズ・フリーで、モノから自由になること、二つ目がタイム・フリーで、時間から自由になること、三つ目がインフォメーション・フリーで、情報から自由になること、である。
・その意味で、定年になる前に、たとえば三十歳台とか四十歳台に気儘な外国ぐらしでもして、いったん「楽隠居」する。そして「三つの自由」を存分に実現し、自分なりの五感を鋭くさせる。このことは、自分なりに二十一世紀を生きる方向転換のため、まことに大事な「自己投資」であるといわねばならない。
・隠居になる前から、自分で自分を楽しませるメニューをたくさんつくっておく。そういう貯金をして、自分に時間とエネルギーと何がしかのカネを投資する、自己投資の時代がやって来た。そういう楽しみの枠組みをたくさんつくっている人は、むしろ早く隠居になりたくて仕方がない、ということになる。

気になった人は以下からどうぞ。

Amazonでしたら中古+送料で500円くらいで購入できますよ。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

関連記事
スポンサーリンク
レクタングル大336*280
レクタングル大336*280

※シェアは下のボタンからどうぞ。