Amazonの「Audible」で落語を聴く

 

先日、Amazonの本を「聴く」サービスであるAudibleに登録しました。

参考:育休中の暇な時間の有効活用には、耳で本を読む「Audible」を使うしかない

 

育休中の自分にかなり合っているサービスで、感動しています。

Audibleで落語を聴く

そのAudibleでは、人生で初めて落語を聞いてみました。

 

なぜ落語かというと、話は10年前に遡ります。

ぼくが大好きだった大学の恩師が落語が好きだったのですが、その恩師はぼくの人生の中でダントツに話がおもしろい人だったのです。

その恩師が、話の構成を考えるとき、落語を参考にしていると話していたのです。

 

それからずっと気になっては忘れてを繰り返して10年過ごしてきたのですが、今回Audibleの最初の1冊無料キャンペーンを何に使おうか迷っていたときに、ふと故・歌丸師匠の落語「井戸の茶碗」のサムネイルが目に止まったのです。

「これは今回こそ落語を聴けという啓示に違いない」と思い、購入ボタンをポチりました。

笑いの底なし沼にはまりそう

結論をいえば、これが大正解。

落語の底なしの面白さに触れてしまったような、禁断の果実を食べてしまったような、そんな感覚になっています。

なぜもっと早く聞かなかったんだと、10年前の自分の肩を揺さぶってほっぺたをペチペチやってやりたい気持ちになりました。

 

正直最初は、昔の言葉遣いや状況描写に慣れることができなかったので、あまり面白くなかったのです。

「あれだけ期待していたけど、落語ってこんなものか」とがっかりしました。

 

最後まで聴くかどうかすら迷ったのですが、「せっかく購入したのだから」と乞食根性で聴き続けることに。

 

それがある段階から徐々に展開が変わってきて、「おや、これはもしかするともしかするかもしれないぞ」と耳をそばだて始めました。

 

そこからは次から次へとたたみ込むように笑いの波が押し寄せてきます。

イヤホンで聞いていたので最初は笑いをこらえていたのですが、徐々に笑いが抑えきれなくなり、顔がほころんできます。

途中からはもう無理だと思い、我慢するのを諦めて、声を出して笑ってしまいました。

 

ネタバレになってしまうので詳しくは書けないのが残念ですが、音声だけで初めて聴く人をここまで惹きつけられるのか!と感動。

そして落語は身振り手振りや表情も豊かなはずなので、寄席で見たらこの数倍はおもしろいに違いない!と、寄席に行く夢にまでつながりました。

Audibleで落語、おすすめです

読者の方にもぜひ聞いてもらいたい。

後悔はしないと思います。

 

落語のおもしろさをいろんな人に知っていただきたいので、ぜひAudibleに登録して、歌丸師匠の落語を聞いてみてください。

Audibleに登録する

 

ではでは。

 

 

株式会社ブラスの「披露宴割引券 10万円分」を無料でお譲りします。

 

欲しい方に無料でお譲りします。

株主優待でもらいました

ぼくは東海地方に貸切型の結婚式場を展開している「株式会社ブラス」の株を持っています。

その株主優待で披露宴割引券を10万円分もらいました。

 

2019年10月31日までに婚礼申し込みの場合に使えるそうなのですが、ぼくは使う予定がないので、ほしい方にお譲りします。

メルカリでBANされました…

というのも、メルカリで出品してみたら「禁止されている出品物」に該当してしまったようで、削除されてしまったんですよね・・・

 

なんとなくそんな気はしていたんですが、よく調べずに出品したら、しっかりチェックされていました。

メルカリの運営者の方には、お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした・・・

 

というわけで、手放す手段がなくなったので、ブログ経由でほしい方にお譲りしようと思います。

TwitterでDMください

もしほしい方がいたら、Twitterでメッセージをください。

ぼくのブログの読者で、近々結婚式の予定があって、しかもブラスの式場を検討しているなんて珍しい方がいらっしゃるのか分からないですが笑、もしいらっしゃったらご連絡を。

 

タダでもらったものなので、タダでお譲りします。

誰かの幸せのお手伝いができればいいなぁと思っています。

 

ではでは。

 

育休中の暇な時間の有効活用には、耳で本を読む「Audible」を使うしかない

 

10/1から2ヶ月強、育休を取得しています。

現在約一ヶ月が過ぎました。

この記事を書いている今も、子どもが太ももにもたれかかって、よだれを垂らしながら寝ています。

 

毎日子どもの世話で忙しいのですが、子どもがひとりで遊んでいたり、今みたいに寝ている時間に、20-30分ぽっかり時間が空くことがあります。

まとまった時間ではないので何か特別な作業ができる訳ではなく、かといってぼーっとするのももったいない。

だらだらとSNSを見てしまったりするこの暇な時間を、どうにかして有効活用できないかと考えていました。

 

色々と選択肢を検討した結果、とうとう最善策を見つけました。

それは、Amazonが提供しているAudibleというサービスです。

本を耳で聞く「Audible

これは一言で言うと、本の朗読サービスです。

本の内容が音声で流れるので、それを音楽を聞くように聞く、というものです。

本の読み聞かせと言ってもいいかもしれません。

 

Audibleには育児中ならではの良い点がいくつもあって、

  • 子どもから目を離さなくても使える
  • どこでも利用できる
  • 今なら最初の一冊が無料

などがあります。

子どもから目を離さなくても使える

これが一番大きな利点です。

 

育児を長時間行ってみると、「子どもから目を離すことができないというのは本当なんだな」ということがめちゃくちゃ身に沁みます。

いつの間にか引き出しが引き出され中身が床に飛び散っていたり、洗濯カゴに入れておいた洗濯ネットが散乱していたり、勝手に転んで泣き叫んでいたりしますからね・・・

育休を取得するまでは、「とはいえ大げさなんじゃないの?」と訝しんでいたのですが、これは本当の本当でした。

疑って本当にすみませんでした。

 

子どもから目が離せないため、目線を本やスマホに縛られる「読書」や「ネットサーフィン」は長時間できないんですよね。

これまでスキマ時間はほとんどこれらを行っていたので、趣味が全滅して非常に辛い思いをしました。

育児は根暗には辛い。

 

しかしAudibleであれば耳を傾けるだけでいいので、目線を奪われなくて済みます。

そのため、子どもの様子を常に確認しながら読書(聴書)ができるのです。

 

これまで読書をしたりスマホを見たりしていたときのような、本やスマホを「見たいけど見られない」というストレスから解放されたのは非常に大きかったです。

どこでも利用できる

育児では季節の変化や子どもの成長に従って買うものがたくさん出てくるため、買い物に出かける機会も多いです。

また子どもを外気に触れさせた方がいいので、散歩にもよく出ます。

そのような移動中、暇を持て余すことがあります。

 

音楽を聞けばいいのかもしれませんが、子どもの世話で新しい音楽を探す時間と手間をかけられないので、どうしても同じ曲をリピートしがち。

僕は新しいもの好きなので、同じ曲をずっと聞いているのが苦痛で、かなり飽きてしまっていました。

 

その点Audibleは、スキルアップから娯楽まで様々な本のラインナップがあります。

その中から興味のあるものを選べばいいので、飽きることがありません。

 

しかも耳で聞くだけなので、車の運転中や電車の移動中でもOK。

もちろん子どもの散歩中でも聞くことができます。

 

ワイヤレスイヤホンだと子どもがコードを引っ張ることもないので、より使いやすいと思います。

 

子育て中でも、ちょっとしたスキマ時間に知識欲を満たすことが出来るのはうれしい限りや…

今なら最初の一冊が無料

タイトル通り、今なら最初の一冊は無料で聞くことができます

僕もこの制度を利用して、歌丸師匠の落語を落としました。

 

まだ本の朗読は聞いたことがないので、最初は娯楽から入ろうと思って初めて落語を聞いています。

落語っておもしろいんですね。

慣れてきたら徐々に真面目な本も聞いてみようと思っています。

 

Audibleは世に出てそれほど期間が経っていないサービスで、これまで何度か規約が変わっています。

この一冊無料キャンペーンもいつ終わるか分からないので、Amazonさんの羽振りのいい今のうちに登録して試してみるのをおすすめします。

 

登録は以下からどうぞ。

→Audibleに登録する

 

ではでは。

 

【湘南】二宮町の梅沢海岸では、海で焚き火ができる

 

こんな感じでした。

二宮町は、湘南では珍しく焚き火やBBQができる

二宮町では「野焼き禁止の例外となる焼却行為」が定められています。

その中に焚き火やBBQが挙げられています。

「例外」なので、人の迷惑にならない場所であれば、焚き火やBBQを行って良いのです。

 

「できるならやっちゃおう!」ということで、早速やってみました。

海での焚き火は格別

せっかくなので、二宮を代表するビュースポットのひとつ、梅沢海岸に行ってきました。

 

梅沢海岸に行く方法は、こちらのブログが詳しいです。

Google Mapで「梅沢海岸」で検索すれば、適切なルートを表示してくれます。

車で行けて、かつお手洗いもあるので、大変便利な海岸です。

 

西湘バイパスの高架下をくぐれば、

 

そこはもう太平洋。

駐車場から徒歩1分もかかりません。

 

伊豆半島まできれいに見えます。

桟橋の上には釣り人がたくさんいます。

 

 

そんな贅沢な景色を堪能しながら、焚き火開始です。

 

焚き火台は、言わずと知れた名品、picogrill 398を使っています。

超軽量にも関わらず燃焼効率が非常に良く、しかも見た目がかっこいい、非常に優れた焚き火台です。

数年前まではモノが入ってもすぐ売り切れてしまっていたのですが、最近また購入できるようになりました。

 

空が夕方の橙色から夜の初めの薄い青に変わっていくのを眺めます。

この時間は、空が自然に虹のような色彩になるので、とても好きです。

自然の美しさを一番感じられる時間帯だと思います。

そして海ならではの楽しみ方ですが、さざ波の音に耳を傾けます。

贅沢な時間。

 

しばらく焚き火を楽しんでいたら、デジカメをお持ちのおじさんから「ちょっといいですか?」と声をかけられました。

「何だろう?」と思って振り向くと、「写真を撮らせてもらってもいいですか?」と。

どうも海岸で焚き火をしている人が珍しかったので、写真に収めたかった様子でした。

「もちろんいいですよ」と返事をして、焚き火に戻りました。

撮影が終わった後、「もしかしたら写真展に出すかもしれません」と言っていただいたので、もし湘南の写真展で焚き火をしている人が写っている写真を見かけたら、それはぼくかもしれません。

 

この日の夜は月も美しかった。

海に月の光が反射して道ができていました。

 

だんだんと夜が更けていきます。

 

少し肌寒いけど、焚き火があるから大丈夫。

 

 

すっかり夜が更けるまで、焚き火を楽しんできました。

楽しかったなぁ。

湘南では貴重な焚き火スポット

おそらく湘南の中では、二宮は貴重な焚き火スポットだと思います。

隣の大磯町は、海でのBBQが禁止されているので、おそらく焚き火もダメでしょう。

 

海で気兼ねなく焚き火やBBQをしたい人は、二宮町の梅沢海岸を訪れてみては。

 

ではでは。

 

メルカリで出品した本の梱包を、爆速で終わらせる方法

 

メルカリで本を出品することが多いです。

サカモトが出品している商品 → https://www.mercari.com/jp/mypage/listings/listing/

 

売れた時は嬉しいのですが、その後の梱包作業が面倒です。

本をプチプチなどの緩衝材で包み、養生テープで止めて、封筒に入れて、テープで止めて・・・

一度に何冊も売れたときなどは、嬉しい反面、「またあの作業をやるのか・・・」とちょっと落ち込みます。

 

嬉しい気持ちだけを維持できるいい方法はないかと考え、ひとつの回答を発見しました。

そこで今回は、本に限りますが、梱包を爆速で終わらせる方法をお伝えします。

Amazonの梱包材を使用する

Amazonで本を購入した際に、下の写真のような梱包材に入って商品が届くことがあります。

これを使うと爆速で本の梱包を行うことができます。

 

まず、貼ってある全てのシールを剥がし、梱包材の表面に何もついていない状態にします。

<表>

<裏>

 

 

そこに、メルカリで売れた本を入れます。

 

テープで止めて、

 

完成です!

爆速です。

Amazonの梱包材、最強説

Amazonの梱包材のいいところは、内側に最初から緩衝材がついている点です。

そのため、本を傷つけることなくお届けすることができます。

 

市販の封筒でも緩衝材つきのものが売ってはいるのですが、ひとつ100円くらいするので少々高いです。

 

メルカリの販売利益は、

(販売利益)=(商品価格)-(販売手数料)-(送料)-(その他コスト)

で決まりますから、「その他コスト」に含まれる封筒代などは可能な限り削りたい。

 

これまではホームセンターで購入した安い緩衝材を自分で巻いていたのですが、Amazonで本を購入した際についてくる梱包材を見て、「これを使えば爆速で梱包できる!」と閃きました。

 

Amazonで本を買うことが多い人は、ぜひ梱包材を保管しておき、自分が出品する際に活用してみては。

 

ではでは。